ご家庭で手軽にできるプロの味!唐辛子入り万能うま味調味液・浅漬けの素「うま造り」を気仙沼の製造工場より直接お届けいたします

商品カテゴリー
商品検索

ご利用ガイド
商品紹介浅漬けの素「うま造り」
おいしいレシピ
カートを見る

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
※土日・祝祭日はお休みです。

メールマガジン配信登録






ネギトロ丼 材料

+ ネギトロ用まぐろ
+ 細ネギ
+ ご飯(すし飯)
+ うま造り
+ お好みによってきざみのり、半熟卵やわさび

作り方
(1) マグロが冊の場合は、小さく切り、更に包丁で細かくたたき、細ネギは小口切りにしておきます。
(2) ドンブリにご飯を盛り、きざみのり、ネギトロ、ネギをのせます。
(3) お好みで半熟卵またはわさびを盛りつけます。
(4) 上からうま造りをかければおいしいネギトロ丼の出来上がりです。








たまご雑炊 材料

+ 卵
+ キャベツ
+ うま造り
+ 冷や飯
+ 水

作り方
(1) 鍋に水と切ったキャベツを入れ、水が沸騰するまで煮ます。
(2) (1)の鍋に冷や飯を入れ、うま造りを入れて味をつけます。
(3) 最後にとき卵を万遍なくかけて、さらに鍋の中身が沸騰するまで煮ます。たったこれだけでおいしい卵雑炊のできあがりです。
※ お好みに合わせてお肉や油揚げ、きのこ類を入れてもおいしいですよ。








いくら丼 材料

+ いくらまたはすじこ
+ ご飯(すし飯)
+ うま造り
+ お好みに合わせて細ネギ、きざみのりなど

作り方
(1) すし飯または白米をドンブリに盛り、細切りしたネギといくらまたはすじこときざみのりをのせます。
(2) 上からうま造りをかければおいしいいくら丼の出来上がりです。
(3) いくら以外にもウニや甘えび、イカ、まぐろなどの魚介類でお好みのものをお使いになればおいしい海鮮丼が出来上がります。








親子丼 材料

+ 鶏もも肉
+ 玉ねぎ
+ うま造り
+ みりん
+ 水、砂糖
+ お好みに合わせて三つ葉 数本など

作り方
(1) 鶏肉はひと口大にそぎ切りし、玉ねぎは薄切りに、みつ葉は適当な長さに切ります。
(2) 鍋にみりん、砂糖、うま造り、水を入れて煮立て、鶏肉と玉ねぎを加えてやわらかくなるまで煮ます。
(3) 溶き卵を流し入れ、みつ葉を散らし、半熟状態になったら火を止めます。
(4) 丼にご飯を盛り(3)を上から形をくずさないようにのせて出来上がりです。